このエントリーをはてなブックマークに追加

ビタミンAの働き

現在販売されているサプリメントを見てみると、ビタミンAの配合されている商品も数多く販売されています。
マルチビタミンと言って、いろいろなビタミン群が配合されているサプリメントも販売されていますが、その中にはビタミンAが配合されている商品も数多いです。
ビタミンAは別名「目のビタミン」と呼ばれています。
視角作用の正常化に効果が期待されているといわれています。
目の機能を高い状態でキープする作用があって、暗順応と言って、いきなり暗いところに行っても、比較的すぐに目が慣れるような効果が期待できるといわれています。
ほかにも、皮膚や粘膜に対して作用する力もあるといわれていて、免疫力を強化する効果もあるといわれています。
感染症にかかるリスクを少なくして、風邪予防をすることもできます。
また皮膚に対して作用をしますので、肌トラブルで悩んでいる人は、ビタミンAを摂取することによって、そのトラブルが解決できる可能性も高くなります。
ビタミンAには抗酸化作用があるといわれています。
活性酸素の発生を抑制することができるといわれています。
活性酸素が多くなると、細胞を傷つけてしまう可能性が高くなります。
すると、老化が早まってしまったり、動脈硬化、さらにはがんにかかりやすくなるといわれています。
その元凶である活性酸素を取り去ってしまうので、上で紹介した症状を予防する効果も期待することができるわけです。
ビタミンAには大きく分けて2つのタイプにさらに分類することができるといわれています。
一つはレチノールと呼ばれて動物性の成分といわれています。
そしてもう一つはカロチンという、植物性の食品に含まれる成分になります。
カロチンはプロビタミンというビタミンになる前の状態で、体内に摂取することによってビタミンAに変身するといわれています。
レチノールですが、脂溶性になっていて、体内に多少たくわえをすることができます。
つまり次の日に残っていれば、使いまわしにすることもできる成分なのです。
しかし過剰摂取をすると過剰症と言って、副作用が起きる可能性もありますので注意しましょう。
一方カロチンの場合、過剰症になることもありませんので、副作用の心配をすることもないでしょう。
しかもカロチンの場合、野菜などに多く含まれています。
ですから野菜に含まれているミネラルなども同時に摂取することができるでしょう。
毎日野菜を摂取することが難しいのであれば、サプリメントを活用して補っていきましょう。

話題になっているサプリメント、便利なココでチェック

Copyright (C)2017サプリで摂取★食事から摂りにくいあの成分.All rights reserved.