このエントリーをはてなブックマークに追加

ビタミンB12について

現在販売されているサプリメントの中には、マルチビタミンと呼ばれるサプリメントがあります。
文字通り、いろいろなビタミンが配合されているサプリメントで、その中には、ビタミンB12が配合されているものも少なくありません。
ちなみにビタミンB12には、タンパク質の代謝に大きく関係しているといわれています。
赤血球を生み出すのに重要な役割を果たしているといわれています。
中には、よく貧血を起こしてしまうという人もいるかもしれません。
そのような人は赤血球が不足をしている人もいるでしょう。
その原因として、ビタミンB12の摂取量が不足をしていることが関係をしていることもあるでしょう。
またビタミンB12には、神経系の働きを正常にする効果があるといわれています。
神経細胞は、脂質によって表面がカバーされて利う形状をしています。
ビタミンB12はこの資質を生成する働きがあるといわれています。
妙に最近、疲れやすくなったとか、神経がピリピリすることが多い、手足のところにしびれを感じたり、突き刺すような痛みを感じることがあれば、ビタミンB12が不足をしている可能性があります。
ビタミンB12の配合されているサプリメントを積極的に摂取することをお勧めします。
また腰痛や肩こりに悩まされている人は、多いと思われます。
腰痛や肩こりになってしまう原因はいろいろなことが考えられますが、末梢神経のトラブルによるものが多いといわれています。
この末梢神経のトラブルを解消する効果もビタミンB12には期待されています。
メチオニンという肝臓の働きを高める物質があるのですが、この代謝に何らかの異常が起きると、ホモシステインが生じやすくなります。
実はこのホモシステインですが、心筋梗塞や脳梗塞を起こすリスクを高める危険因子になりうるということで、注目を集めています。
ビタミンB12には、このホモシステインの生成を抑制する効果があるといわれています。
メチオニンの代謝をスムーズにして、異常が起こらないようにする働きがあるといわれています。
ですから結果的には、ビタミンB12をきちんと摂取することによって、ホモシステインの生成を抑制することができるわけです。
ビタミンB12は魚に多く含まれているといわれています。
魚料理を毎日食べることができればいいのですが、なかなか難しいという人もいるでしょう。
その場合には、ビタミンB12をサプリメントという形で摂取することも検討してみるといいでしょう。
Copyright (C)2017サプリで摂取★食事から摂りにくいあの成分.All rights reserved.