このエントリーをはてなブックマークに追加

カテキンと効能

カテキンという成分を聞いたことがある人も多いかもしれません。
お茶に含まれている成分として理解をしている人も多いでしょう。
日本茶を飲んだときに、渋みというか苦みを感じたという人も多いと思います。
この日本茶に含まれている苦み成分のことをカテキンと言います。
ポリフェノールという成分の中の一種です。
カテキンはお茶として飲むこともできますが、最近ではカテキンの配合されているサプリメントも登場してきています。
カテキンにはいろいろな効果があるといわれていて、強力な殺菌や消臭効果があるといわれています。
特に殺菌効果ですが強力で、大腸菌をはじめとして、食中毒の原因となる細菌を殺すことができるといわれています。
そのほかにも、虫歯の予防効果も期待することができるといわれています。
ほかにもカテキンには、強力な抗酸化作用があるといわれています。
悪玉コレステロールが酸化すると、体に悪影響を及ぼしますが、この酸化を妨げる働きがあるといわれています。
血圧の上昇を防いだり、動脈硬化の予防効果にも期待が持てます。
また血糖値の値を下げる効果も期待されていると言います。
血糖値が高い状態が続いてしまうと、糖尿病を発症しやすくなってしまいます。
糖尿病になってしまうと、食事制限が加えられたり、いろいろと日常生活で不便が生じてしまいます。
しかしこの血糖値の上昇を抑える効果も、カテキンにはあるといわれています。
アメリカの方では、抗酸化作用が強いところに着目して、制ガン作用があるのではないかということで、注目されています。
まだ具体的な因果関係は発見されていませんが、一例としては、静岡県ではほかの都道府県と比較すると、がんを発症する人が少ないといわれています。
言わずもがなでしょうが、静岡県と言えば、お茶の産地としても広く知られています。
ですから、もしかしたら今後、がん予防とカテキンが一緒にかたられることも多くなるかもしれません。
ちなみにもし動脈硬化予防や制ガン作用を期待するためには、1日お茶を10杯程度飲まないといけないと言います。
しかしこれは、かなり普通の人からすると難関でしょう。
そこでサプリメントが重要な役割を果たすことになるわけです。
サプリメントであれば、カテキンの成分が凝縮されていますし、簡単に摂取することができます。
ですから、制ガンや動脈硬化に必要なカテキンを十分に摂取することができるようになるわけです。
しかしカテキンを摂取するときには、九州効率を悪くするので、鉄分と一緒に摂取しないようにしましょう。
Copyright (C)2017サプリで摂取★食事から摂りにくいあの成分.All rights reserved.